• HOME HOME
  • つどいNAVI

つどいNAVI

つどいの丘四季路を歩いて春を探そう

3月に入り日中はポカポカと温かい日も増えてきましたね。暖かな春本番が待ち遠しいですね。
つどいの丘と言えば4月下旬~5月に見頃をむかえる"キリシマツツジ"というイメージが強い方も多いと思います。
毎年多くの方に見に来ていただきつどいの丘自慢の花ですが・・・
実は、それ以外にもたくさんの花が我先にと芽を伸ばしています。今回は春にぴったりな花情報をお伝えします。

散歩道「四季路」

つどいの丘には全長1.5km、所要時間約30分ほどの散歩道があります。
ご存知でしたか?
山道を歩き、森林浴を楽しめば全身リフレッシュできます。途中あずま屋で休憩もできます。
研修や会議で訪れた方には「気分転換できてよかった」なんて声をいただくことも!また、宿泊や研修で利用されない方でもご利用いただけます。ランチの後少しゆっくりとした気分でお散歩なんていかがですか。

3月中旬になると四季路では、みつばツツジ(写真左下)や馬酔木(写真右下)が咲きます。

四季路

春の花

春の花


春のおとずれをいち早く感じられる荘川桜

つどいの丘中庭では荘川桜2世も見れます。
この桜は市内の染井吉野より早く咲きますので、一足はやく春を感じられるととても人気です。
この荘川桜はつどいの丘ではアリーナ及びG館の完成を記念し寄贈されました。多くの人の思いが詰まった桜です。

春の花

荘川桜2世とは!?

荘川桜

全トヨタ労連「飛騨ふるさと村」のある岐阜県高山市荘川地区で約60年前、ダムの底に埋まる予定だった樹齢400年あまりの大きな桜を移植することに成功しました。 毎年春になると満開の花を咲かせ人々を魅了します。荘川の誇りであり、故郷の象徴です。
この荘川桜を後世に残すプロジェクトが「荘川桜2世」です。日本各地で愛情を込めて育てられています。

近隣施設オススメスポット

つどいの丘からほど近い「愛知県緑化センター・昭和の森」ではゆきやなぎが見頃を迎えます。
辺り一面白花で包まれる光景はとても綺麗で春ならではの光景です。ぜひ、つどいの丘と合わせてよっていただきたいオススメスポットです。

春の花

厚手のコートを脱ぎ、気持ちも軽やかに木々や花に目を向ける時間を作ってみてはいかがでしょうか。
素敵な春をお過ごしください。

過去のつどいNAVI

PAGE TOP